鼻炎の種類|アレルギー性鼻炎の症状に治療方法や基礎知識 - 鼻炎お茶サプリメント研究所


鼻炎の種類

鼻炎には感染症とアレルギー性があります。鼻は呼吸するために欠かせない役割をもっています。鼻がつまれば、呼吸がしずらくなります。呼吸を休むわけにもいかず、また、口だけで息をすることも大変です。鼻炎は鼻粘膜症の炎症をさします。
感染症で代表的なのは、急性鼻炎(かぜ)と慢性鼻炎です。主な原因は病原微生物です。かぜのウィルスに感染したり、披露が蓄積して鼻粘膜や全身の抵抗力が弱くなっているところに、細菌が感染しておこることもあります。
アレルギー性鼻炎は花粉症やカビ、ペットによるものです。 その他には、鼻中隔湾曲症などがあります。


鼻炎の代表的な症状

鼻炎の代表的な症状は、鼻詰まり、鼻水、くしゃみです。これらの症状がひどくなると、物事に集中できなくなり、マスクとティッシュが手放せなくなります。食べ物の匂いも、味の匂いも感じられなくなり楽しみが消えストレスがたまります。


アレルギー性鼻炎とは

一年中、鼻のつまり、くしゃみ、鼻水など鼻に関する不快な症状が続く通年性アレルギー性鼻炎と、特定の季節に症状がでる季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)があります。
これらはアレルギーが原因による病気です。そのアレルギーの原因物質をアレルゲンと呼びます。アレルゲンで多いものはハウスダストやダニです。最近急増しているアレルゲンが花粉です。特にスギ花粉は春の3月~5月にかけて大量に花粉を飛散して、アレルギーを起こします。
感染症を原因とするタイプと、アレルギー性のタイプとでは、症状が少し違い、アレルギーが原因の疾患では、においがよくわからなくなる嗅覚異常を訴える人が多くいます。


アレルギー性鼻炎の種類

●通年性アレルギー性鼻炎→家のほこり、ダニやフン。ペットのフケやカビ。
※ネコアレルギーと言われる方はこのタイプになります。
●季節性アレルギー性鼻炎→花粉症です。花粉症にはスギ花粉、ヒノキ花粉、イネ花粉、ブタクサ花粉が代表的です。花粉が飛散する季節もそれぞれことなります。
スギ花粉→2月後半から5月末
ヒノキ花粉→2月後半から5月末
イネ花粉→5月後半から9月末
ブタクサ花粉→9月
花粉症かなと思ったら、お医者さんでアレルゲンを特定するために診療をうけましょう。


ランキング1位

白井田七。茶  さくらの森

白井田七茶

静岡産緑茶!完全無農薬、有機栽培で育てた有機田七人参を配合した飲みやすい粉末タイプの緑茶!
花粉症やアレルギー性鼻炎で効果的なメチル化カテキンが豊富に含まれ、吸収をサポートするサポニンが入っている。1杯88円!15日返金付き!まずは1ヶ月しっかり飲んでみましょう。

口コミ・人気度 価格 特別価格 内容量
★★★★★★ 3,314円 1,980円 1g×30包
成分・原料 取得認証 生産地 返金制度
有機緑茶98%
有機田七人参2%
有機JAS認証 緑茶(静岡県)
田七人参(中国)
15日返金保証(有)




ダニ、カビ、花粉などのアレルギー性鼻炎でお悩みの方必見!当サイトでは鼻炎の基礎知識や改善方法、効果的なお茶やサプリメント情報をご紹介しています。

トップページ Copyright (C) 2014 鼻炎研究所 All Rights Reserved.